● 石けんの製法について ●

石けんの製法はいくつかありますが、
すずらん堂の石けんは 「 コールドプロセス 」 と呼ばれる製法で作っています。
コールドプロセスとは、配合したオイルを低温で一旦温めます。
そこへ苛性ソーダ水を混ぜ合わせる事で化学反応が起こり、オイル自体が熱を発します。
この熱を利用して「鹸化」を進めていく方法です。

こうして出来上がったタネを、最低約1ヶ月間熟成させて、
初めて石けんを使うことが出来ます。
[PR]
# by suzuran-do | 2010-02-22 00:00 | セッケンニツイテ